寝付きを良くする

家事や育児に追われるお母さんにとって、日々成長していく子どもの姿を目の当たりにできる瞬間は、何よりもうれしいものでしょう。
ですが、その喜びに比例するように育児に関する悩みも、自ずと増えていきます。

新生児の頃は、母乳やミルクをあまり飲んでくれない、なかなか寝付いてくれない、抱っこを止めると直ぐに泣いてしまう・・・といった悩みが多いようです。
特に赤ちゃんの育児中は、ただでさえ寝不足で辛い毎日を頑張っているお母さんにとって、寝付きが悪く、起きてもぐずぐず泣き続けるような状態が続くと、心身ともに疲れてしまうものです。

このような悩みを解決する方法は、子どもに規則正しい生活習慣を身に着けさせることです。

赤ちゃんの時期は、致し方ありませんが、それでも、お天気の良い日中は、できるだけベビーカーなどに乗せてお散歩するといいでしょう。
まだ自分の足で歩くことはできなくても、外気の新鮮な空気を吸って、お日さまの光を浴び、家の中にはない景色を見て刺激を受けることによってお腹がすきミルクをよく飲むようになるとともに、夜の寝付きもよくなり、心地よい疲れから、ぐっすりと寝てくれるようになります。

日中のお散歩は、赤ちゃんだけでなくお母さんにも良い影響を与えてくれます。
育児疲れから、少しの時間でも横になりたいところでしょうが、頑張って外出してみると、気持ちが晴れて、体も軽くなるものです。
家事の一つである買い物も、外出できる機会と前向きに考えましょう。

Copyright © 2014 悩みとその解消法 All Rights Reserved.